アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

更新情報

  1. ホーム
  2. 更新情報
  3. 1県1組合(特定組合)化に向け予備契約を調印しました

1県1組合(特定組合)化に向け予備契約を調印しました


 平成30年10月2日(火)、岡山地区農業共済組合(岡山市中区倉田)の大会議室にて岡山県農業共済組合設立への組織再編整備予備契約書締結調印式を執り行いました。当日は岡山県副知事、県内市町村長、関係団体の皆様方、多くのご列席をいただきました。
 岡山県内10農業共済組合等と岡山県農業共済組合連合会は、対等な立場で組織再編整備を行い、平成31年4月に県内全域を対象とした県内10農業共済組合等の1県1組合化を果たし、その後、岡山県農業共済組合連合会の権利・義務を承継した特定組合の発足を目指しています。
 今後も将来にわたって組合員(農家)の農業経営の安定に寄与するため、新たな「岡山県農業共済組合」の設立に向けた準備を進めており、新組合の発足後においても、更なる運営の効率化、農家サービスの向上を図ります。

(右から、岡山県 副知事 菊池 善信、岡山地区農業共済組合 組合長理事 佐藤 俊和、東備農業共済事務組合 管理者 和気町長 草加 信義、倉敷地区農業共済事務組合 管理者 倉敷市長 伊東 香織、井笠地区農業共済事務組合 管理者 矢掛町長並びに岡山県農業共済組合連合会 会長理事 山野 通彦、高梁地域事務組合 管理者 高梁市長 近藤 隆則、新見市 市長 池田 一二三、真庭市 市長 太田 昇、新庄村 村長 小倉 博俊、津山地区農業共済事務組合 管理者 津山市長 谷口 圭三、勝英農業共済事務組合 管理者 勝央町長 水嶋 淳治(敬称略))

 

【新組合の概要】
○組合員数:約4万人
○共済金額:約1兆800億円
○事務所:農家の利便性を考慮し、現行の組合等区域ごとに設置
  本  所(岡山市)東備支所(和気町)倉敷支所(倉敷市)井笠支所(矢掛町)
  高梁支所(高梁市)新見支所(新見市)真庭支所(真庭市)津山支所(津山市)
  勝英支所(勝央町)
  ※真庭支所は真庭市と新庄村を区域とします。また、岡山地区を本所とします。
○家畜診療所:現行の連合会家畜診療所をそのまま継続します。