アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

農業共済新聞

  1. ホーム
  2. 農業共済新聞
  3. カフェ併設、加工品も販売

カフェ併設、加工品も販売

経営基盤の強化に弾み

(平成30年9月3週号 短信)


 【岡山支局】真庭市の農事組合法人清藤(きよとう)は、昨年8月に選果場兼直販所に併設したカフェ「季節の風 KIYOTO CAFE」を開店。直販の強化に加え、地域に豊かさを提供する交流空間づくりにも尽力している。
 清藤の代表を務める平泉繁(ひらいずみしげる)さん(53)は大阪のIT関連企業に勤めていたが、田舎暮らしがしたいという強い思いで岡山に移住。1998年に岡山県の新規就農者支援事業を活用して清藤に加わった。
 設立当時は50㌃でブドウだけを栽培していたが、新たにナシ、モモ、サクランボなどを追加。今では栽培面積が合計4㌶に拡大、従事員は25人にまで増えた。
 カフェでは、スイーツやジュースのほか、パウンドケーキなどの加工品も販売している。
 「単なる6次産業でくくりたくない。販売だけではなく、カフェや収穫体験などでより満足のいく空間を提供したい」と平泉代表。「経営基盤を厚くすることで、地域に誇れる、ゆとりある楽しい清藤になれば」と話している。
(安尾)