アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

農業共済新聞

農業共済新聞

衛生管理徹底し疾病予防

 竹本康紀さん(32)が経営する新庄村の竹本牧場では、現在25頭の繁殖和牛を飼養している。 小さい頃から両親が牛を飼っているのを見て育ち、勤めていた時も、休暇をとるなどして牛飼いを手伝っていたという。...

(平成28年7月2週号 短信)続きを読む »


ミルク風味の濃厚な味

「インパクトのあるチーズが作りたいという思いがあった。そのため素材にこだわり、自分の感性でやっている」と話すのは、蒜山で酪農とチーズ作りをしている「蒜山ラッテバンビーノ」の河合省吾代表(62)。ラッテ...

(平成28年7月1週号 特集)続きを読む »


花苗を多品目生産

 美咲町打穴下の黒瀬園芸では、黒瀬浩巳さん(65)と息子の隆行さん(33)の2代で花苗を生産している。年間10万本、多品目少量生産でローテーション栽培しており、それぞれが役割分担し、協力しながら収益を...

(平成28年6月4週号 トップ)続きを読む »


ニホンハッカ「真美緑」

 半世紀も前に矢掛町で栽培されていたニホンハッカ品種の子孫が偶然発見され、地元の農産物として復活。「真美緑」として商標登録されたこのハッカにちなんだ加工品が開発されている。 「歴史的にも矢掛町と縁があ...

(平成28年6月2週号 短信)続きを読む »


NOSAIへの加入は経営守る第一歩

 自然災害がいつ襲いかかるかは誰にも分かりません。農家がどんなに完全な管理、経営を行っていても自然の猛威に対抗するには不可能な場合があります。そのため、いざというときの保険が必要であるといえます。ここ...

(平成28年6月1週号 特集)続きを読む »