アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

農業共済新聞

農業共済新聞

耕作放棄地拡大に歯止め 和牛放牧を拡充

 【岡山支局】高梁市の農事組合法人西山維進会は、組合員10人、従業員2人で和牛成牛17頭、後継育成牛3頭を放牧。備中県民局からこのほど、獣害など地区の大きな問題となっている耕作放棄地への取り組みが認め...

続きを読む »


優秀牛生産へ連携プレイ

 【岡山支局】美作市で和牛繁殖経営を行う貞森牧場では、成牛30頭、育成牛11頭、子牛28頭を飼養。牧場を長年担ってきた貞森優子さん(69)を、息子の善友さん(42)と妻の三奈さん(45)が手伝っている...

続きを読む »


荒天で減収・・・再起目指す

 【岡山支局】「荒れた天候が続いたため、今年の柿の収穫量は少なく、干し柿は少量出荷になる予定。手作りの素朴な風味に好評をいただいているので、例年並みの出荷数に戻せるように、来年に向け取り組もうと思う」...

(平成30年11月4週号 短信)続きを読む »


高値取引、今年は増産 特産ヤマノイモ「銀沫」

 【岡山支局】真庭市勝山地区の特産ヤマノイモ「銀沫(ぎんしぶき)」の出荷が、11月1日から始まった。本年度は「かつやまのいも生産組合」の農家34戸が1.7㌶で栽培。前年度より1㌧多い10㌧収穫を目指し...

(平成30年11月3週号 トップ)続きを読む »


畜産振興に高校生活躍

  【岡山支局】岡山県立高松農業高等学校(岡山市)には、動物と触れ合い、生命を学ぶ畜産科学科があり、酪農、養豚、養鶏、実験動物の四つの専攻が選べる。 同科では、基礎的な飼育管理から、ハムやアイスクリー...

(平成30年11月2週号 特集)続きを読む »