アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

農業共済新聞

農業共済新聞

【連載 えがお満開】野菜を多品種少量生産

 矢掛町で農作物の栽培から販売まで行っています。3年前、結婚を機に主人の住む矢掛町に移り、一緒に農業を始めました。それまで農業とは関係のない職業に就いていました。 農業を始めた理由は三つあります。一つ...

(平成29年2月4週号 連載)続きを読む »


ジビエの端材でスマホ用スピーカー

 ジビエの端材を加工したスマートフォン用スピーカーを考案した鏡野町青年農業者クラブ「泉会」の田口大介さん(写真㊨)。青年農業者大会での発表後、野生鳥獣の斬新な利活用方法として、大きな関心を寄せられてい...

(平成29年2月3週号 短信)続きを読む »


モモ剪定作業

 新見市草間の大原観光果樹園(上杉和雄代表=70歳)で、冬の風物詩となっているモモの剪定作業が行われている。 草間地区は石灰岩でできたカルスト台地で、古くからモモなどの果樹栽培が盛んだ。果樹園では約3...

(平成29年1月4週号 短信)続きを読む »


野菜を多品目少量生産

 「市場ニーズにあったものや、珍しい作物を栽培している」と話すのは、真庭市で水稲(約50㌃)と野菜(約15㌃)を栽培している森田博子さん(67)。多品目少量生産している野菜は、地元直売所での売れ行きも...

(平成29年1月3週号 準トップ)続きを読む »


地域支える 矢野賞受賞者

 岡山県内で農業の振興に貢献した青年農業者を対象に贈呈される矢野賞。今年も新たに3人の受賞者が発表され、優れた技術、先進的な取り組み、新技術の開発などで地域農業の発展に大きく貢献している。地域を支える...

(平成29年1月1週号 特集)続きを読む »