アクセス
サイトマップ
お問い合わせ

文字サイズ

農業共済新聞

農業共済新聞

陣痛開始3時間以内の介助

 「内田式お産介助法なら、子牛を無事に出産することができる」と話すのは、家畜人工授精師として独自の分娩法を確立しながら400頭を分娩させた真庭市の内田広志さん(67)。「子牛が無事産まれるためには、お...

(平成28年9月3週号 短信)続きを読む »


【連載 えがお満開】メロン栽培を32年

 父の後を継ぎ、20歳から32年間、メロンを栽培しています。メロン栽培は父の代からトータルで60年ほど。足守でメロンが本格的に栽培された頃から家業としているため、日々品質の良いものを提供できるようにと...

(平成28年8月4週号 連載)続きを読む »


柔軟性素材のストール

 笠岡市の山中牧場では、昨年冬から岡山県内初のグリーンストールを導入した牛舎が稼働している。 グリーンストールは、通常のストールが金属製なのに対して、PVC素材というビニール系の柔軟性のある素材を使用...

(平成28年8月3週号 短信)続きを読む »


リンドウ 産地担う一翼に

 新庄村の前田美子さんは、リンドウの栽培に取り組んで21年になる。岡山県北を中心に栽培されているリンドウ。中でも、同村で栽培されたものは品質が良いと評判で、同村は産地として定着している。 同村にUター...

(平成28年8月2週号 トップ)続きを読む »


冷水に溶かして喉越しさっぱり

 「高梁地域の白桃を多くの方に味わってもらいたい」と話すのは、高梁市有漢町の有限会社ウカンファーマーズファクトリー農産工房蔵里の代表を務める酒井孝夫さん(67)。「白桃ジャム」の製造・販売を通じて地域...

(平成28年8月1週号 特集)続きを読む »